【あなたへのメッセージ付き】今更ですが、自己紹介をします

Life & Children

こんにちは、かずやぎです。

本日は今更ながら自己紹介をします。

最初の投稿にもブログを始めたきっかけや、好きなことを少し書きました。

人生を後悔しないために
はじめまして。 「かずやぎ」と申します。 以前から興味はあったものの、なかなか踏み出せずにいたブログデビューを果たしました。 背中を押したのは、リベラルアーツ大学の両学長の言葉でした。 ...

もう少し詳しくお話しします。

現在33歳、6歳と3歳の子を持つ父です

大学卒業後、22歳で就職、25歳で結婚し、現在は2人の子供の父です。

27歳の時にマイホームを購入して、妻の実家の隣に家を建てました。

現在は、我が家4名と、妻のご両親、ペットの猫と、畑にはヤギ2匹、一緒に田舎で暮らしています。

以前、記事にも書きましたが、現在の環境には満足しています。

子持ちの若夫婦は地方在住で妻の実家の近くに住むのが良いと思う話
こんにちは。かずやぎです。あなたは今お子さんがいますか?また、どの辺りに住んでいるでしょうか?都会?それとも田舎?私には今、6歳と3歳の子供がおり、関東の田舎に住んでいます。そんな私が「こんな場所に住むと良...

本業は診療放射線技師です

普段は三次救急病院で診療放射線技師として勤務しています。

診療放射線技師、ご存知ですか。

「ラジエーションハウス」でドラマ化もされたため、知っている人も多いかもですね。

良く知られる姿としては、病院でレントゲン写真を撮ったりする人です。

私たち技師の世界では「単純撮影」と呼んでいます。

他にもCTやMRI、透視撮影、血管撮影、核医学検査、放射線治療、超音波検査など仕事内容は多岐にわたります。

私が担当するのは、単純撮影、MRI、核医学検査、健診で透視撮影や超音波検査あたりが多いですね。

診療放射線技師を職に選んだ理由

元々、人と話したり、関わったりすることが好きだと思っていた私は、なんとなく医療の世界に進みたいなーという希望がありました。

最初はリハビリ関係に進もうかと考えていたんですが、ある学校のオープンキャンパスでは全く興味を持てず、その道は辞めました。

でも、特別、診療放射線技師になりたいなーという想いはなく、親とも相談して決めたのが、正直なところです。

就職活動の際には、ある程度の建前を作りましたけどね^^;

小学生の時に腕の骨を折って、レントゲンを撮ってもらった経験とか、勉強では化学、物理系が好きだったとか、、、(笑)

転機①:父の死

フワフワした理由で診療放射線技師を志してしまった私に、転機が訪れたのは、大学4年の夏でした。

当時、私は大学の近くに一人暮らしをさせてもらっていました。

第一種放射線取扱主任者試験を翌日に控え、私は大学の友人と東京にいました。

いつもはほとんど電話をかけてこない父方の祖父からの電話。

「父が帰省する予定だったが来ない」

父が連絡なしにアポをすっぽかすことは今までなかったので、嫌な予感がしました。

母と妹はたまたま運悪く海外に行っていたんですね。その年は珍しく父が一人で帰省する予定でした。

実家の近くには叔父さんが住んでいたので、お願いして実家の様子を見に行ってもらいました。

まだ外は明るいのに何故か部屋の電気がついている。

結論としては、父は実家の洗面所で血を吐いて亡くなっていました。

父は病院嫌いだったため、基礎疾患などは元々分かっていませんでした。

正確には分かっていたのかもしれませんが、私たち家族には知らされていませんでした。

これは人それぞれの価値観かと思いますが、私としては「何で死んでしまったのか知りたい」って思ったんですね。

それが分かれば、最期のときの父の様子や、父に何があったのかが推測できるかもしれない。

でも解剖をするには抵抗がありました。

母とも相談して、解剖は断ることにしました。

転機②:Autopsy imagingとの出会い

父の死から1年経たないうちに、私は卒業して、実家に戻り、地元の市中病院に就職しました。

そこで出会ったのが、Autopsy imagingと、その分野で有名な先生です。

学生時代にも聞いたことはあったけれど、Autopsy imagingの詳細については、ほとんど知りませんでした。

簡単には、「亡くなった方のCTやMRIを撮って、死因究明に役立てよう」という分野です。

撮ったからといって、すべての死因が分かるわけではありませんが、脳出血や、大動脈瘤破裂などどいった死因を除外することが可能です。

「私たちのように、大事な人を死因不明で亡くす人が少しでも減ってほしい」と思っていた私は、後に私のメンターとなる先輩技師に指導してもらったこともあり、気づいた時には、Autopsy imagingの分野に進んだ道を選んでいました。

ブログを始めたきっかけ

診療放射線技師として勤務を始めてから、10年以上の年月が経ちました。

その間には、Autopsy imagingに関する論文を執筆したり、研究会の事務局兼役員として活動させてもらったり、多くの経験をしてきました。

もちろんそれぞれは、私には貴重な体験ですし、とても良い刺激を受けました。

それでも自分の中に出てきた想い

1、自分自身を知るために、自分の考えや想いを書き込むツールが欲しい

2、医療人としてではなく、1人の人間として、人の役に立つ発信をしてみたい

3、マーケティングスキル等を養うことで、より成長したい

これらを感じる中で、YouTuberの両学長やマナブさん、イケハヤさんの言葉に背中を押され、WordPressにてブログを始めることにしました。

この記事を読んでくださったあなたへ

ここまで完全な私事を読んでいただき、ありがとうございます。

私の正直な気持ちを書いてみました。

そして、私があなたに伝えたいことは、「あなたの大切な方を大事にして、沢山話しておきましょう」ってことです。

普段の生活の中では、うまくいかないことがあったとしても、正直人間なんていつ死んでしまうか分かりません。

私が最後に父とやりとりを交わしたのは、死亡推定の3日前の父の誕生日でした。

でも、友達と遊ぶことを優先していた私は、メールで「誕生日おめでとう」とだけ打って、父に送信しました。

あのときに、電話をして話しておけば、もっとしっかり話をしていれば、、、と今になっては思いますが、あとの祭りです。

ぜひ、あなたにとっての家族や大切な人を大事にしてください。

方法は何でも良いと思うんです。食事に誘ってみたり、手紙を書いてみたり、口頭でお礼を伝えてみたり、、、。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました